足を綺麗に保つ女性

水虫はなかなか治らない病気で塗り薬だけでは治らないので飲み薬との併用もしていかなければなりません。また感染するので家族などの家で水虫のまま裸足で生活をしていると移ってしまうかもしれません。そうならないためにも水虫のことを知りましょう!

水虫の人は炭酸泉に入浴してみましょう

水虫は白癬菌というカビが皮膚の表面にでき、皮膚に異常が起こる病気です。水虫の症状もいろいろあります。足の裏に小さな水ぶくれできてかゆくなったり、足の指の間の皮がむけたり、じくじくしたりします。爪の変色も起こることがあります。この菌は通気性が悪く、高温多湿の環境で繁殖しやすいです。また水虫は感染力が強いので、家庭内でも気をつけなければいけません。予防法は足をいつも清潔にして、よく乾燥させることが大切です。通気性の良い靴を選んだり、何足か交互に靴をはき、靴自体の乾燥も必要です。また一度感染すると何度もかかり慢性化することもあります。完治することも難しいです。対処法もいくつかあります。炭酸泉の入浴も効果的です。炭酸泉とは、炭酸ガスが溶け込んでいる温泉のことです。炭酸泉に入ると、湯の中の炭酸ガスが皮膚から吸収され、血管の中に入り毛細血管を広げて、血液の流れがスムーズになります。また皮膚の表面の殺菌やかゆみ、炎症を抑えてくれます。温めやすく冷めにくいので効果が長く持続します。冷え性を改善して、深いリラクゼーションと安眠を得ることができます。血流がよくなることで、身体の老廃物や疲労物質、痛みの元の物質が腎臓や肝臓に運ばれ、身体の外に流されデトックス効果も得られることができます。身体の中に、十分な栄養やたくさんの酸素を含んだ新鮮な血液が流れることで、疲労回復やアンチエイジング、神経痛や腰痛、肩こりや頭痛などの症状も緩和されます。このように健康的になり免疫力がつくことで、水虫などの感染にも抵抗できます。水虫の薬もいろいろ出ていますが、一度病院で検査をしてもらい、症状に適した薬を使用しましょう。